お墓を知る

お墓の承継について

お墓の承継

現在、お墓(墓所)の所有者が死亡した場合、お墓を相続します。このことをお墓を承継するといいます。
次に誰がお墓を守るのか、一般的には次の世帯主となるケースが多いです。承継するのはご夫婦のおひとりが亡くなられるとどちらかに承継します。子供さんがおられると長男もしくは、他男性がいなければ長女の順番となります。子供さんがいない場合はご親族の誰かに面倒みてくれるなら、承継される方もおられます。しかし、最近は永代供養墓がふえたこともあり、先祖の遺骨を永代供養をしてお墓は処分する傾向です。

祭祀財産に該当したら

墓地は祭祀財産に該当することがあり、民法897条に祭祀財産に関する規定があります。墳墓と記載されています。この墳墓は墓石だけではなく、墓地むことになります。墓地は祭祀財産に該当することがあり、 祭祀財産は相続財産とは切り離して承継されます。民法によると、次のように規定されています。

第897条 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定(相続の一般的効力の規定)にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

承継手続きの手順

1.継承される方が墓地管理者に承継手続きの申請書類を記入提出します。

2.手数料等が発生する場合は、お支払いしてください。

墓地により申請書類は異なります

永代使用許可証(墓地使用許可証) 使用権承継申請書 申請者の戸籍抄本 申請者の印鑑証明書や実印

承継できなくても供養できるお墓

承継できるに関わらず、最近ではお寺が家族に代わり供養してくれる永代供養をされるかたが増えてまいりました。遺骨を永代供養墓の納め、墓石を処分し現在の使用していた墓所は墓地管理者に返還して手続きは完了いたします。

関連記事

  1. お墓を建てる理由 墓石を建てる必要がある理由
  2. 無縁仏になると 無縁仏になると遺骨や供養は?
  3. 生前にお墓を建てる 寿陵する、生前にお墓を建てる
  4. 墓相 墓相の建て方|お墓と占い
  5. 墓じまい 墓じまい・お墓を撤去するときは
  6. 納骨法要の手順 納骨の方法は準備するものなど
  7. お墓の耐久性 お墓の耐久性や劣化について
  8. お墓を建てたらお祝いごと お墓を建てた時はお祝いごと?

お墓の工事

  1. お墓の価格
  2. 和型の墓石
  3. 洋型の墓石
  4. ご相談から建立のながれ
  5. お墓の文字彫刻

お墓のリフォーム

  1. 竿石交換
  2. 古墓の整理
  3. ステンレス花立取付

お墓の知識

  1. お墓参りの仕方
  2. 五輪塔・供養塔
  3. ロウソク立て
  4. 線香立て・線香皿
  5. 石材産地証明書

お墓のご相談フォーム

お墓の相談フォーム

石材の種類

外国産石材 お墓の外国産石材|インドや中国、アフリカ等 日本の石材 お墓の国産の石材|日本で採石されている銘石

お墓のQ&A

お墓を建てる

お墓参り代行サービス

墓参り代行
PAGE TOP