納骨法要のしかた

納骨式について

1.納骨の時期は

・仏教では、納骨日に決まりはありません。 四十九日(忌明け)法要後かそれ以降の百箇日、一周忌の法事に合わせて行います。しかし、最近は法事の時、墓地までの移動に時間が要するため、別の日に近親者のみで行うことも増えています。・キリスト教ではとくにきまりはありませんが祥月命日などに合わせて行います。神式も決まりはありません。五十日祭などに納骨を行うことが多いです。

2.納骨日程

ご親族、お寺と相談をして日時を決めます。

3.ご用意するもの

墓地管理者に「埋葬届け」を提出します。できれば事前に「火葬証明書」「墓地使用許可書」を持参し手続きを行って下さい。認印や除籍謄本など必要になることもございますので、事前に電話で必要な物をご確認ください。 僧侶への謝礼は「御布施」「お車代」。 法要後の会食を辞退した場合は「御膳料」も必要です。法事と同日の場合は、法事に準じた服装になります。 ご家族、内輪の方だけであれば地味な服装で大丈夫です。供物は故人の好物やお酒、海の物、山の物、里の物などをお供えします。墓花は宗教により異なりますがとくに決まりはありません。仏教の場合は数珠、線香、ろうそくなどをご用意しましょう。

4.当日

納骨式の予定時間より早めの到着を心がけてください。墓石の掃除作業などが行えます。納骨式は30分位ですが、準備から終わるまでは1時間程度要します。終了後、供物は必ずお持ち帰りいただきます。さらしに入れて納骨した場合は骨壷の処分は当社でいたします。