霊標板の知識

霊標板の種類

霊標板は故人の戒名(法名)・俗名・?年月日・享年などを刻む石板です。墓石の竿石がいっぱいになり刻むところがなくなると、霊標板を設置してご先祖の名前をお入れいたします。最近は霊標板からお入れすることもあります。形も色々ですが墓石の形状に合わせて霊標板もお創り致します。@は「屋根付」、墓所が広く石碑も大きな物にあわせます。A「剣型」神道型の石碑にあわせます。神道型の石碑も竿石の頭が尖がっているため形を合わせます。B「コンパクト型」建てるスペースが狭い所に適しています。C「本型」洋型にあわせて、オリジナルデザインにより作成いたします。D「横置き型」洋型にあわせて石碑の前に置くタイプです。E「ゲタ式」二つの足で支えることからゲタ式と呼ばれています。和型の石碑の場合、この霊標板を建てます。