お墓工事

お墓を建てる|和型・洋型など

お墓を建てる

はじめてお墓を建てる時、いろいろ解らないことがことが多いかと思われます。

  • どんな石でしたらいいのか?
  • 費用はどれくらいかかるのか?
  • どこに頼んだらいいのか?

どんな石材がいいのか? 

お墓の部品名

一般的は和墓のスタイルです(3㎡)。墓所の大きさに合わせて巻石や墓石を建てます。石碑は和型や洋墓などさまざまな形があります。巻石もバリアフリー型などもございます。最適なスタイルをご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。


国産石材の方が品質が安心、外国産石材のほうがリーズナブル、色もピンク・赤・黒・緑系色があるなど、それぞれ特徴がございます。実際、石を見ていただきますと好き嫌いもございますので、是非ご覧いただきご説明させていただきますので、その上でお決めください。

和型の墓石は縦長タイプ

和型の墓石

関西地域では神戸型を多く使用いたします。(他に大阪型、京都型)大きさは7寸から1尺型までのものが多く建てられています。墓所に合わせて大きさを決めます。標準タイプと花立を花瓶型にしたり、上蓮華などを付けたりいたします。


昔から建てられています。縦長の和型墓石がまだまだ多いですが、洋型の墓石も年々増えてきています。和型は国産石材を使用することが多いですが、洋型は色々な色がある外国産石材を使用することが多くなっています。

洋型の墓石・オリジナル墓

洋型の墓石

洋型はデザイン墓とも呼ばれてもいます。いろいろな形が選択でき、石材も赤系やピンク系、緑系や黒御影系など従来よく使用される白御影石や青御影石以外に使用できる石材が多くあります。

一番人気は愛媛県で採石される大島石です。昔からの定番の石ですが石目は万人受けする品のある石です。誰が見ても良いお墓ができたと喜んでいただけます。

しかし、中国やインドで採れる、いろいろな石の色はお墓を自分好みでデザインしたい方には好評です。

個人の個性が出てしまうデザイン墓は家族内で意見がまとまらないことが多く和型を建てる方向にいく傾向にあります。

耐震性が高い洋墓

横型が主流の洋墓は、縦長の和墓よりも倒れにくいメリットがあります。最近は施工も耐震性を高めた工事をしていますが、横型のどっしりタイプは地震の揺れにも間違いなく強いといえます。

安全性を一番にお考えでしたら洋墓をおすすめいたします。

予算内でお墓がしたい

お墓工事代(石材費+施工費+文字彫刻工事費+部品代)はご予算内でできるようにいたしております。

お墓の事、ご供養のことなど、宗教的なことも関係してまいります。お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 国産・日本の石材 お墓の国産石材|庵治石や大島石などの銘石
  2. 洋型の墓石 洋型の墓石|オリジナル墓をご提案
  3. お墓の文字彫刻 お墓の正面文字彫刻|宗教別やオリジナルも
  4. 和型の墓石 和型の墓石|一般的な縦長型のお墓
  5. お墓の家紋 お墓の家紋|代々受け継がれる家紋
  6. 外国産の石材 お墓の外国産石材|インドや中国、アフリカ等
  7. お墓の価格 お墓の値段|工事内容の内訳
  8. ご相談から建立のながれ お墓のご相談から建立までのながれ

お墓の工事

  1. お墓の価格
  2. 和型の墓石
  3. 洋型の墓石
  4. ご相談から建立のながれ
  5. お墓の文字彫刻

お墓のリフォーム

  1. お墓の改修工事
  2. お墓の耐震施工
  3. 古墓の整理

お墓の知識

  1. 墓所の広さ
  2. 玉砂利
  3. 線香立て・線香皿
  4. 霊標板
  5. 五輪塔・供養塔

お墓のご相談フォーム

お墓の相談フォーム

石材の種類

外国産の石材 お墓の外国産石材|インドや中国、アフリカ等 国産・日本の石材 お墓の国産石材|庵治石や大島石などの銘石

お墓のQ&A

お墓を建てる

お墓参り代行サービス

墓参り代行
PAGE TOP